大小さまざまなOPP袋のおどろきの汎用性をご紹介!

サイズは勿論厚みにも様々な種類があるOPP袋は様々な用途で活用される汎用性の高いものとなっています。そのため業種や個人法人関わらずに必要不可欠なものとなっています。OPP袋の便利な使用例をご紹介いたします。

高品質・低価格・短納期のOPP袋は通販で買える!

OPP袋

様々な用途で活躍するOPP袋

OPP袋とは伸縮しない透明ビニール袋で、日常生活において使われていない場面が少ないほどに普及しているものでもあります。
数多い商品の包装にも使われているため店頭で見かけるのは勿論、ビニールという防水の性質をもっているため花屋でのラッピングに活用、また食べ物をラッピングする際にも見映えがよくなるため利用されています。
また透明度の高い袋なので中のものを見せる前提のラッピングに最適、中にお好みのラッピング用紙やカードを挟むなどしても素敵なラッピングになります。
もともと透明であらゆるラッピングに適用しているのがOPP袋、シンプルな包装から華やかなラッピングまでご利用いただけるのが強みとなっています。
ラッピング一つでワンランク上の仕上がりになるギフト、勿論法人用だけではなく個人の方にも利用していただけやすいように販売されており、いずれも安価で入手できるのが特徴となっています。
安ければ100円台から販売しており、小物をラッピングするにあたりとても利用しやすいものとなっていますので便利です。
ハンドメイドの商品を販売している作家様などにも好評となっており、商品の保護は勿論お客様の目をひきやすいラッピングとして利用しやすいのが特徴です。
またOPP袋は小物のラッピングだけではなく、大きいサイズから分厚いものまでさまざまなものが販売されています。
小物類は勿論アパレルの現場、CDやDVDの梱包、また中が見やすく雨、水からも守れるとしてDM発送用の封筒としても活用されています。
粘着面がある封筒型のものやフック陳列が可能なヘッダーつきのものもあり、シンプルな透明の袋までありますので用途によってサイズ、形、厚みを選べます。
OPP袋は圧倒的な種類の多さがありますので、使用用途にぴったりなものを探しやすい、そんなメリットもあります。
日常生活においてOPP袋を使用する場面は多すぎてご紹介しきれないほどです。
個人用でも法人用でもとても利用しやすい、最も汎用性の高いビニール袋といっても過言ではないのがOPP袋です。
個人でフリマサイトなどを利用しハンドメイド作品や古着を売ったりしている方にとっても発送用、梱包用両方の場面で必要となりやすく、また商業の現場でも工場出荷の段階で必要になるものとなっています。
パックインパックはこれらOPP袋を用途に応じて販売しており、個人向けの少ない枚数のパックから大口の最大10,000枚入りの商品まであります。
用途は多いからこそこうして小口から大口まで承っており、また商品カテゴリはわかりやすい使用例でのご案内になっています。
用途にあわせて購入しやすくなっておりますので、購入時に誤りが起こりにくいです。
汎用性の高いものであるOPP袋だからこそ、より購入しやすさが必要になります。
またあらゆるニーズに合わせる必要があるため必要なサイズのOPP袋を電話の問い合わせでリクエストできる場合もあります。
また大量注文の場合納期の相談までしっかり承っておりますので、より法人様の大口注文を受けやすい体制を整えています。
どんな業界でも、また日常生活でも利用されるものなのでどんな枚数でも、どんな形、サイズでも購入しやすくなっている為便利です。
勿論印刷可能袋のご用意もありますので購入後加工もしやすくなっています。

種類が豊富でコスパも良いOPP袋

OPP袋は恐らく最もといっていいくらいに汎用性の高いビニール袋の総称です。
日常生活で目立つのはレジ袋などかもしれませんが、よくよく見ると中身の商品にはOPP袋を多用されていることが殆どです。
また透明な袋ばかりではなくアルミ蒸着袋もあればパッケージとして印刷も施されているものもありますので、OPP袋は決まった形がありません。
特徴としてはOPP袋は伸縮しない透明なフィルム状のものが多い、そんな特徴があります。
透明度が高く、またヨレがない性質がありますのでラッピングに非常にむいている、そんな性質があります。
フィルム状のそれは生産段階で加工もしやすく種類もさまざま、ヘッダー付き、粘着テープつき、マチありなどもあれば敢えて袋状には加工せずシートの形状のままで販売されている商品もあります。
ラッピングとして必要な形のものを購入し、利用されているので形を変えサイズ、厚みを変えて高い汎用性で利用されているのがOPPです。
また単純構造だからこそ防曇加工などを施されている商品もあり、野菜など生鮮食品の梱包にも使われやすくなっています。
中身がよく見えるラッピングを行う為にその用途に応じた加工を施されているのでより梱包や包装に利用し易いのがこれらOPPです。
こうして見ると工場出荷段階で必要にある場面も多く、そのため大口注文がメインとなりやすいようにも見えますが、少量パックでももちろん販売されており30枚前後の枚数で販売されているものもあるため個人でフリマサイトの梱包用などに購入するのも可能です。
値段も安いため複数の種類を購入しても1,000円以下で購入できます。
低予算内でどうにか綺麗なラッピングをしたい!そんな時にも重宝するのがOPPとなっています。
ラッピングにおいて良コスパ、高い汎用性を持つOPPは袋の形状としても種類は様々、そして袋以外にもシートととして重宝されています。

OPP袋は通販で購入!

OP袋はその高い汎用性のため、沢山の枚数が必要になる事が多いです。
工場での出荷段階の包装用、また店舗でのラッピング用などを考えていくと100枚単位では到底足りない枚数が必要となります。そのため大口の納品にもパックインパックは対応しており、最大で10000枚パックまでご用意しております。
もしそれでも足りない場合は直接電話で問合せすることで対応していますので、大口納品依頼もしっかり受けられる体制を作っています。
お急ぎの納期の場合でも対応できるようになっているのが特徴で、ネット上からだけではなく電話でのご相談にも対応しています。
また既存の商品では不都合がある場合は別注品の相談も承っており、こだわりの仕様のOPPを生産、納品しています。
汎用性が高くあらゆるサイズが必要な分、こうした融通も十分にお答えできるようになっています。
OPP袋は多くの商品に使われている場合が殆ど、需要は本当に高いものとなっています。
それ故にさまざまなサイズや仕様が必要になっており、それに応じたOPPの生産を行うのも勿論可能となっています。
生産されている商品にこだわりがあるだけ、OPPもそれに合わせた仕様のものが必要になります。
もともとはフィルム状の商品ゆえにOPPは低コスパで加工しやすいもの、十分にそれらのこだわりに対応できる場合が殆どとなっています。
そのためもし欲しいサイズ、厚み、形状がない場合でも別注で注文するとしっかり対応してくれる場合が多いため安心です。
サイズ、形状、厚み、枚数あらゆる注文にパックインパックはお応えしています。
お見積りの上しっかり商品の提案をしてくれるため、法人様のこだわりの別注品の生産も幅広く受け付けています。
実際のサンプルを見てからの、より最適な形状サイズに調整することも可能で、またハート型など特殊な形状のものもお見積りの対象となっております。
用途が沢山あるOPPならではの幅広い注文窓口を設けているのがパックインパックです。